スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    飛蚊症と硝子体出血のお話し

    0
      こんにちは、今日も頑張ってますか?

      飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように、点や糸くずのような黒い影がみえる症状です)となる原因(これをきちんと解決して、次に備えるべきですね)には、

      「硝子体出血(赤いものがみえて、その後に、光を感じるくらいの著しい視力低下が起こるでしょう)」も考えられますが、この硝子体出血とは、一体どんな状態のことを指すのでしょうね?



      まず、硝子体(その99%は水、残りはコラーゲンでできているそうです)とは、眼球を構成している半流動体で満たされている目の一部のことをいうんです。

      この硝子体の中に、網膜血管の断裂等により出血した血液が入り込んだ状態を硝子体出血(硝子体に網膜やブドウ膜からの出血が流れ込んでしまった状態をいいます)と言っています。

      硝子体(弾力があり、外部からの衝撃や圧力を分散させてくれます)は元々、血管の無い透明な組織です。



      そのため、この入り込んだ血液により光が遮られて、網膜に影を落とした状態になり、飛蚊症と言った症状を自覚するようになるのです。

      この際の症状は、「墨を流したような黒い影が現れる」、「血液の赤い色が見える」等といわれておりたりもします。

      硝子体出血(軽度であれば適切な治療を受けることで視力が回復するといわれています)の要因としては、糖尿病性網膜症(年間で三千人くらいの人が失明しているといわれているのです)や網膜中心静脈閉塞症等が考えられるでしょうが、加齢もひとつの原因(もちろん改善できない時もあります)にあげられているのです。



      年齢を重ねるごとに、後部硝子体剥離が起こってしまうと、 血管が強く引っ張られてしまうために破れて出血し、硝子体出血(急速な視力低下の原因になります)を起こしやすくなるからです。

      この出血により、飛蚊症、視界がかすむ、視力が低下するといった症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が表れると考えられているのです。



      出血の量が少量の場合には、時間が経ってしまうと自然吸収されることもあるでしょう。

      でも、網膜剥離(目の疾患の一つで、視力を失ってしまうこともあります)等の重大な病気が隠されている場合もありますので、じっくりと検査を行う事が重要になります。



      もし、網膜剥離(目の疾患の一つで、視力を失ってしまうこともあります)を併発している時には、

      早目に硝子体(眼球の形状を保ったり、外からの力を分散させたりする役割があるそうです)内の出血を除去して、剥離した網膜を元に戻さなければ、やがては失明の恐れもあるそうです。



      といったところで、応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)


      この記事の関連ワード
      コンタクト 漢方 改善プログラム 目 生理的 


      たくみのお部屋

      飛蚊症の手術のこと

      0
        こんにちは、今日も来てくれてうれしく思います。

        失明に繋がらない老化現象として症状がでる飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちですが、手術以外の治療法は特にないようです)。

        生理的飛蚊症であれば、明確な治療法が無いのでに、途方に暮れてしまう方もいらっしゃるでしょう。



        手術をしてでも、症状の改善を望むケースも出てくると思います。

        それでは、もしも飛蚊症(硝子体を切除する外科手術を行うと消えるそうです)の手術を受けた場合には、一体どういった費用が掛かるものなのでしょう。



        まず、硝子体(しょうしたいと読み、ガラス体とも呼ばれています)手術による網膜復位術と言う手術があって、近年では硝子体(しょうしたいと読み、ガラス体とも呼ばれています)手術の技術が進歩した事によって、

        この方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)を採用する症例や医療機関(公的医療機関と私的医療機関があります)が増えているようです。



        この手術は硝子体(酸素や栄養分を運ぶ働きもあると考えられています)を除去する為、飛蚊症の原因(これがあって結果があるというのが物事の道理というものですね)である硝子体(眼球の形状を保ったり、外からの力を分散させたりする役割があるそうです)内の混濁などもキレイになり、見え方が非常に良くなると言ったメリットがあります。

        治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)にかかる費用は病院にも左右されるでしょうが、手術自体で保険が適用されると3割負担で6万円程度です。



        但し、使用してみる薬剤が膨大な量となり、入院するケースが殆どですから、入院費用も必要になります。

        それらを合計すると、最低でも20〜三十万円ぐらいは掛かると考えておいて下さい。



        アメリカでは、レーザーを用いて硝子体混濁を細かく砕き、飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)を目立たなくする治療方法もありますね。

        ただ、このレーザーの機械(お手頃価格の食品の製造工場には、必ずいくつか設置してあるものです)はまだ開発段階なだといえますね。



        それに、もしも、アメリカに治療を受けに行く場合には、専門のコーディネーター(インテリアコーディネーターやカラーコーディネーターなど、資格の名前になっていることもあります)業者を通す事が一般的かもしれませんね。

        そのような事もあり、この手術の費用はコーディネート料込みで50〜100万円程度掛かると言われているのです。



        というわけで、今日はこのへんに・・・次に会える日を楽しみに♪


        この記事の関連ワード
        頭痛 江東区 ニンジンジュース 生理的 改善プログラム 

        飛蚊症にサプリメントってどうなんでしょうか?

        0
          家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪今日も来てくれてありがとう。

          現時点で飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)に対して効果的な治療方法は、残念なことに見つかってはいません。



          けれど、その飛蚊症の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が老化やストレスと言った、生理的飛蚊症(症状が進行するようなら、眼科で診断を受けた方がいいですね)であれば、

          サプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)によって改善の余地はあるといえます。



          サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)は、決して即効性のあるものではありませんからに、劇的な改善を期待することは困難なものですが、

          時間を掛ける事によって次第に症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を和らげてくれる働きがあります。

          例えば、人間の目の中には細かい血管が非常に多く通っているようですが、その血管が活性酸素によって酸化する事で飛蚊症の症状の原因になる場合もあります。



          その為、抗酸化サプリを摂取する事で、酸化した細胞を体内から排除し、飛蚊症など体の酸化に関わる症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を軽くする事が期待出来ます。

          ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用成分である代表格ですので、積極的に体内へ取りいれるようにすると良いですよ。

          それ以外にも、硝子体を構成する成分で、水分を保持する役割に優れているヒアルロン酸。



          同じく、硝子体(その99%は水、残りはコラーゲンでできているそうです)を構成する成分で、硝子体(眼球の形状を保ったり、外からの力を分散させたりする役割があるそうです)膜に多く入っているコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)。

          網膜に多く存在する成分で、抗酸化力に優れており、光によるダメージから網膜を保護する働きのあるルテインなども、飛蚊症の改善にいいと言われている栄養素です。



          ただし、眼病による飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちですが、手術以外の治療法は特にないようです)でしたら、これらのサプリメントを摂取しても症状は解消されないでしょう。

          サプリメントを利用する際には、まず、自分がどの程度の飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように、点や糸くずのような黒い影がみえる症状です)なのか、医師の診断を仰いでからにしてくださいね。



          というわけで、・・・と、書いてみるテスト


          この記事の関連ワード
          目 頭痛 コンタクト 江東区 改善プログラム 

          飛蚊症の症状って知ってる?

          0
            「飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)」という言葉を御存知ですか?

            飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)とは、その言われている通り、目の前に蚊が飛んでいるように見える事からそう呼ばれていらっしゃるかもしれませんね。



            飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)の症状は、常に視界に小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。

            その浮遊物の形状は、人により糸状だったり、小さな粒や丸い輪だったりし、色は白や黒、半透明という事が多いでしょう。



            時に、糸くずやゴミ、水玉のようんだとも表現され、邪魔だと思って視線の向きを変更しても一緒に移動し、特に明るい場所でハッキリと見えるのです。

            殆どが繊維質ですので、時間の経過と共に形が変わるという事も良くあるでしょう。

            飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)の原因としては、老化により活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルなどの総称をいいます)が増加し、細胞が劣化する為だのだとか。



            また、強いストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を感じることでも活性酸素(非常に毒性が強く、老化の原因とも考えられています)は増加する為に、

            近年では年齢を重ねた人のみならず、若い世代の方々にも飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)が広がりつつあるんです。



            飛蚊症を発症しても、視力の低下や失明などといったリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)は少ないです。

            でも、常に視界に浮遊物が存在していますから、不快な状態が続く事となり、気にしだすと精神的にかなりの苦痛を伴いますね。



            けれど、現在ではまだ飛蚊症(硝子体を切除する外科手術を行うと消えるそうです)に対しての治療方法が確立されていない為、有効な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行うことは困難なのが実状になるはずです。

            飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように、点や糸くずのような黒い影がみえる症状です)は、

            睡眠不足や目の使い過ぎと言った生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)にもかなり影響されるだと言われているのです。



            日々の暮らしの中で、目への健康にも気を配る事が一番の予防と言っても過言ではありません。



            というわけで、今日はそろそろこのあたりにしてと・・・。


            この記事の関連ワード
            ニンジンジュース 改善プログラム 目薬 コンタクト 漢方 

            飛蚊症の原因ってどう?

            0
              ぐっどもーにーん♪(テンション高っ・・・今日もご訪問いただいてうれしく思います。

              飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)となる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)には、

              「後部硝子体剥離」も考えられますが、この後部硝子体剥離(老化により、硝子体のコラーゲン繊維が縮んでしまうために起こるといわれています)とは、一体どんな状態の事を指すのでしょうか。



              後部硝子体剥離とは、眼球の器官のひとつである硝子体(ガラス体とも呼ばれる眼球の器官の一つです)が変質して繊維組織が壊れる事によって硝子体全体が収縮し、

              やがて硝子体(しょうしたいと読み、ガラス体とも呼ばれています)と網膜の間に隙間が出来てしまうことを言います。



              硝子体(弾力があり、外部からの衝撃や圧力を分散させてくれます)が網膜から離れる際に、網膜の表面に存在している毛細血管(一層の内皮細胞だけで構成されています)が引っ張られ血管が破れて出血が起こりますが、

              この際に飛蚊症(治療法としては硝子体の手術がありますが、賛否が分かれているみたいです)が発生する。



              後部硝子体剥離(稲妻のような光がみえたと感じることもあり、これを光視症といいます)となる原因としては、硝子体(角膜や水晶体の後ろにあり、網膜に包まれています)はコラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)線維という蛋白質が大量の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を含む組織なのですが、

              このコラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)線維が年をとると縮んで、網膜面から離脱して前方に移動するのでかも知れませんね。



              つまり、硝子体(その99%は水、残りはコラーゲンでできているそうです)の老化現象の一つとして、後部硝子体剥離を発症する可能性がある訳です。

              後部硝子体剥離(一部の人には起こる可能性のある正常な老化現象だそうです)は、特に近眼の人に発症しやすく、その中でも女性に多く見られる症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)です。



              また、50歳以上の人に多いと考えられていましたが、さいきんでは生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)環境の変化からなのか、20代でも発症例が増加傾向にあります。



              後部硝子体剥離(老化により、硝子体のコラーゲン繊維が縮んでしまうために起こるといわれています)に伴った飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちですが、手術以外の治療法は特にないようです)の場合には、おのずと改善されるのを待つ治療法が一般的なのですが、

              中には網膜剥離(白内障の手術の後や強度の近視の場合にも、罹病率が高まるでしょう)等みたいに緊急の治療を必要とする重い病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の危険性もあるでしょう。



              年輩の人に起こる網膜剥離(裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔網膜剥離、牽引性網膜剥離、漿液性網膜剥離といった種類があります)の主な原因は後部硝子体剥離そうですので、

              飛蚊症(治療法としては硝子体の手術がありますが、賛否が分かれているみたいです)の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)のように目に違和感があるのなら早急に眼科を診察してもらう事が大切なんです。



              ではでは、お終い!体にお気をつけください♪


              この記事の関連ワード
              生理的 目薬 頭痛 漢方 コンタクト 

              一生懸命メイクをしたら

              0
                こんにちわですー、今日も来てくれてありがとう。

                さて、目の下にくまが出来てしまって、目の下のくまを
                隠そうと一生懸命メイクをした経験が、女性なら誰でも
                一度はありませんか?

                本当に目の下のくまってやっかいなものですよね。

                空調やクーラーとの関連もありますが、肌がかさかさしたり、のどが渇くという現象の前に、目のくまを作る血液にも水分は足りていないと思った方が良いでしょう。



                ところでいつだったか、会社でこんな話題が出ていました。



                『オイリー肌の場合には、どうしてもベタベタするので、化粧水だけで済ませようとしますよね。でも、化粧水だけでは肌が乾燥してしまって・・・』

                なるほどという感じですかね。



                ではでは、フンガフフ

                この記事の関連ワード
                沢尻エリカ ロレアルパリ マッサージ 画像 病院 

                徹夜などから来るくま

                0
                  GoodAfternoon!皆様いかがお過ごしですか?

                  さ〜てと、目のくまといいますと、仕事の疲れや、徹夜などから
                  来るイメージがあると思います。ということは、目の疲れから
                  目のくまが出来るということになりますね。

                  目の下は、非常に薄い皮膚で覆われていて、そこにはたくさん
                  の毛細血管が通っています。睡眠不足や疲労などが
                  溜まると、この目の下の毛細血管の血液循環が、

                  とても悪くなって目の下にくまができてしまうんですね。


                  ところでいつだったか、会社のオフィスで噂の話題が出ていました。
                  『仕事で疲れている時や徹夜してしまった時なんかに、
                  目のくまってできたりしますよね。』

                  ふ〜んって感じですね。


                  というわけで、今日のところはここまに、さようなら〜☆



                  この記事の関連ワード
                  沢尻エリカ サプリ 治療 たるみ 炭酸 


                  かずひこのブログ

                  目のくまの原因は疲労

                  0
                    こんちわ^^、皆さまはお元気ですか?
                    さて、目のくまの原因は疲労、ストレス、老化現象、体質などで
                    目の下にくまが出来るわけです。

                    仕事が忙しくストレスを感じたり、人は一年ごと歳をとったりする
                    ので仕方がないかもしれません。

                    目の下は、非常に薄い皮膚で覆われていて、そこにはたくさんの
                    毛細血管が通っています。睡眠不足や疲労などが溜まると、

                    この目の下の毛細血管の血液循環が、とても悪くなって
                    目の下にくまができてしまうんですね。

                    ところで最近、会社の職場で噂の話題が出ていました。『眼精疲労や、目のくまに効果が高いと言われているツボは、目尻の横にもあるみたいです。』

                    そうですか・・・。

                    というわけで、おしまい!!!



                    この記事の関連ワード
                    サプリ DHC 裏ハムラ 炭酸 サプリメント 

                    目にくまなんかできてしまうと

                    0
                      ( ゚д゚)ノ こんばんわー、皆さま、お元気ですか?

                      さ〜てと、目にくまなんかできてしまうと、 疲れた顔や、
                      そして老けて見られてしまうことがありますよね。

                      目のくま対策には、水分補給が大切なんですよ。
                      ご存知ですか?

                      ドライアイの方って、けっこういらっしゃるみたいですが、
                      実はこのドライアイから、目の下にくまができてしまうことも
                      あるんですね。

                      これは、目に水分が足りないということになるのだと思います。

                      ところで、こんな記事抜き出してみました。『飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちですが、手術以外の治療法は特にないようです)が起こる原因としては、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)だけじゃなく、老化や疲れ・・・』

                      ふ〜んって感じですね。


                      それでは、――――――以上で今日の報告を終わります。





                      この記事の関連ワード
                      コンシーラー 治療 サプリメント 病院 炭酸 

                      くまができる原因は?

                      0
                        家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪
                        今日も一日頑張ってまいりましょう。

                        ところで、くまができる原因はたくさんありますが、仕事でなどで
                        パソコンを長時間見続けていたり、睡眠不足や疲労や
                        ストレスなどいろいろな原因が

                        考えられるんですよね。

                        目の下は、非常に薄い皮膚で覆われていて、そこにはたくさんの
                        毛細血管が通っています。睡眠不足や疲労などが溜まると、
                        この目の下の毛細血管の血液循環が、

                        とても悪くなって目の下にくまができてしまうんですね。



                        ところで、こんな風な記事を集めてみました。
                        『目のくま対策のために、簡単に自分でおこなうことの出来るケアとして、マッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)があるそうです。』

                        なるほど・・・。


                        さてさて、おしまい!!!

                        この記事の関連ワード
                        治療 DHC ロレアルパリ サプリ サプリメント 


                        かずひこのブログ
                        SunMonTueWedThuFriSat
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>
                        PR
                        Recent Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recommend
                        Profile
                        お楽しみリンク集
                        みんなの楽しむリンク集!
                        Links
                        Other